Cover Woman Interview vol.1「プレシャスライフ・クリエイター 宮平 亜矢子さん」


記念すべき創刊号の表紙を飾ってくれたのは、プレシャスライフ・クリエイターの宮平亜矢子さん。 女性向けイベントのプロデュースやフードスタイリング、フラワースクール講師など、様々な顔を持つ彼女にインタビュー。


ブログを見て感性に共感してくれた方からお話をいただきました。


ー 宮平さんにとって、お仕事とはどういうものですか?

 私の仕事は、イベントを企画したりテーブル空間やフラワーをお客様に楽しんでもらうことなので常に“いまを共に楽しむ”をテーマに考えています。アイテラスという社名も「相照らす、愛照らす」という意味も含まれているんです。ビューティやアートのイベントから始まったお仕事ですが、最近ではキユーピー盛り付けサイト「MORI MALL」や資生堂さんなど、県内だけでなく県外の企業さまのパーティスタイリングやフードのお仕事なども担当させていただいています。 


ー 生け花はいつから始められたのですか?

 生け花の世界に入ったのは二十歳で、成人を迎えた抱負として「せっかく日本人に生まれたんだから、もっと日本の文化や伝統を大切にして、周りの人たちに伝えていける大人になりたい」と思ったことがきっかけなんです。もともとお花が好きで、趣味でお花を撮影していましたが、それを機に本格的に草月流の先生のもとで習い始めました。


ー 写真も撮られていたんですね。

 写真はアナログの時代から、一眼レフカメラでよく撮っていたんです。子育てで忙しい時期は少しお休みしましたが、デジタルカメラが普及してきた頃、また始めてみようと思い再開しました。そのとき、“自分の日常を切り取る”をテーマにブログを書いていて、自分で撮った写真もアップしていたんです。すると、それを見た方から「撮影のお仕事をしませんか?」というお話をいただいて、そこから少しずつ今のお仕事に繋がっていったという感じです。


ー 今のお仕事のきっかけは写真だったんですね!

 そうなんです。撮影の他に、プロモーションビデオのキャスティングのお話もあって。5、6歳の子どもを30人集めたいというご相談でしたが、当時、息子の通ってる幼稚園の園長先生が素晴らしい夢を持った方だったので「ぜひ、ここの生徒に出演してもらいたい!」と思い引き受けました。  こうして私の感性を気に入ってくださる方がいらっしゃって、それが仕事に繋がっていき、そこから「アイテラス」という会社を立ち上げることになりました。アイテラスでは“心から綺麗に”をテーマに、女性向けのビューティイベントを開催しながら、“プレシャスライフ”を提案しています。



自分のこともきちんと大事にして 相手を笑顔にすることがプレシャスライフ。

ー “プレシャスライフ”とはどういうものですか?

 人生や時間って、自分の意識次第で変えていけるものだと思うんです。例えば、お客様にお水をお出しするときもミントの葉を添えてみたり。自分がされると嬉しいと思えることを、相手にも喜んでもらえて笑顔が溢れることが“プレシャスライフ”なのかなと思います。


ー 宮平さんにとって美しい女性像とは?

 やっぱり自分らしく生きている人だと思います。自分を信じることって結構大変だと思うんです。難しいし、本当にこれで合っているのか悩んでしまうし。あとは、周りに気を配りすぎて疲れてしまうより、自分のことも大切にすること。そうすることで満たされるので、それを皆様に提供できる人が、素敵だなと思います。


ー 自分を大切にとは、具体的にどういったことですか?

 遠慮しないことですかね。例えば子育てでも、日本人の美徳のようなものでよくある「自分を犠牲にして…」「子どものために私は…」というものではなく、子どもと一緒にママも楽しんでいいと思うんですよ。女性は女性を楽しみ、ママはママを楽しみ、子どもは子どもを楽しむ。その時々の人生、ライフスタイルの変化を楽しむことが自分を大切にできていることだと思っています。


久高島を臨むこの場所は、 来てくれた方たちを癒してくれる。

ー 沖縄市出身の宮平さんが現在、南城市に住まわれている理由はありますか?

 最初は仕事のためだけに南城市に通っていたんです。でも、子育てのことや、もっとしっかりとここに足をつけて色んなことを発信していきたいなと思い、住まいも南城市に移しました。皆様生活があって都心に住んでいたりすると思うんですが、私の場合はプレシャスなライフを提案するお仕事なので、この場所で空間を含めて皆様に色々とお伝えしていきたいなと思っています。  ここは普段の仕事や生活のことを忘れて、じっくり自分を癒す空間として皆様に使ってほしいんです。特に久高島が目の前にあるということもあり、パワーをもらえたり浄化される場所だと思うんです。来てくださるお客様も「ここに来て心が洗われた」とか「来て良かった」と言ってくださる方が多いので、この場所を選んで本当に良かったと思っています。
 それから、ここで暮らすようになってから自然のサイクルを感じることで、より早寝早起きの習慣がつきました。季節や時間などで変わりゆく景色に毎日感動しています。朝の生活が本当に素晴らしいと感じられるようになりました。


ー 現在、主宰を務めるイベント「CLUB B」も朝に開催していますよね。

 はい。私にとって美しい朝焼けや自然を感じる時間が心地よく、エネルギーチャージができるので、この場所を一番に活かすことができるイベントは何だろう?と考えた時に、ここで迎える気持ち良さや感動を皆様にお伝えしたいと思い、隔月ですが日曜日の朝6時に開催しています。休日の朝ですと、普段なかなか外に出られない子育て中のママでも、家族に気兼ねなく自分自身へのご褒美時間を楽しめるのではと考えました。南城市は静かで、どこか懐かしい雰囲気で心癒される場所だと思います。ぜひ、多くの皆様にここで素敵な時間を過ごしていただきたいです。 


ー  今後の目標を教えてください。

 現在はフラワースクールやイベントの他にも「沖縄アートプロジェクト」という沖縄のアーティストとのコラボ企画を手がけているので、そちらにも力を入れていきたいですね。県内でのお仕事も楽しくさせていただいているのですが、今後は沖縄で生まれ育った感性を県外にも伝えるようなお仕事をしていきたいです。そして次なるステップは、海を越えて世界へ目を向けたお仕事が実現できたらと考えています。夢をカタチにできるよう日々自分磨きを続けていきたいと思います。




PROFILE 
沖縄市生まれ。株式会社アイテラス代表取締役。「毎日の暮らしに、特別な瞬間を」をテーマに、パーティスタイリングやフードコーディネート、女性向けイベントのプロデュースを手掛けている。生け花をベースにしたオリジナルメソッドのフラワースクール『Flower life Design Ai』を主宰し、花のある暮らしの提案も行っている。
AI TERRACE 公式WEBサイト▶︎ http://www.ai-terrace.com
公式facebook▶︎ https://www.facebook.com/AiTerrace/

PREMIUM MAGAZINE produce by be-o

賢く、美しく、沖縄で暮らす、大人の女性向けライフスタイル情報紙です。

0コメント

  • 1000 / 1000